不妊治療費の助成制度

不妊治療には、さまざまな治療法があり、 費用もさまざまです。

初期の一般不妊治療では保険診療の 範囲内でしたら、費用は3割負担で済みます。
一回の治療費は数千円程度のことが多いです。

しかし、高度生殖医療といって、人工授精や 体外受精を受ける場合は、保険は使えなくなり自由診療になります。

人口受精や体外受精の場合、費用は医療機関の立地や設備、 関わるスタッフの数などにより値段が違います。

また、東京や大阪などの大都市圏では高く、 地方のクリニックだと若干安くなっています。

また、高度生殖医療を受ける場合高額な費用がかかるので、 経済的負担の軽減を図るため、国が助成しています。

東京都では、助成の対象となる治療は、 体外受精及び顕微授精のみとなります。

治療1回につき15万円を上限額として、 初年度は1年度当たり3回、2年度目以降は 1年度当たり2回を限度に、通算5年度 (期間が連続していなくても可能です)まで、 合計10回まで申請することができます。

また、助成を受ける場合、いくつかの条件があります。

申請日現在、東京都内に住所があること。
(夫婦のいずれかが都外(国外除く)在住の場合は、 所得額の多い方の住所が都内である場合に限り、 申請することができます。)

法律上の婚姻をしている夫婦であること。
(事実婚は対象になりません。)特定不妊治療 (体外受精・顕微授精)以外の治療法によっては 妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師が診断したこと。

指定医療機関で治療を受けたこと。

申請日の前年の夫婦の合算の所得額が 730万円未満であることなどの条件を満たしていれば、 助成を受けることができます。

不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック【安心の全額返金保証付】
■不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開■

子宮筋腫

バストアップ

ダイエット

不妊症

摂食障害

嫁姑問題

産後ダイエット

セックスレス

セルライト

二重まぶた

O脚の治し方

ほうれい線除去

PMS(月経前症候群)

ニキビ跡を消す方法

メイク

ストレス解消

Copyright (C) 2012by女性の悩み All Rights Reserved.